CASE

子どもと一緒に笑顔の日々を。
家族の時間を楽しむ家 札幌市・Oさま邸・夫婦30代、子ども3人

階段下のスペースは子どもたちの遊び場に。小さなおうち感覚で居心地も抜群

2人の娘さんと賑やかに暮らすOさんご一家はマンション住まいでしたが、お子さんたちの成長を考えて新築を決意。希望したエリアで条件付きの土地を見つけ、話を聞きに行ったのがリビングワークでした。

 

Oさんご夫妻が大事にしたのは「子どもと一緒に心地よく過ごすことを一番に考えた家」をつくること。家づくりは奥さんが中心となって進め、完成した家は家族の生活動線や使い勝手を重視しつつも、シンプルで美しく上質な住空間となりました。

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキのあるインナーコートを囲むコの字の間取りは、中庭が欲しいと願っていたOさんの希望。住宅街の中にあっても、外からの目線を気にせずゆったりとくつろげます。中庭はもちろん、屋根付きのカーポートもゆとりの広さを確保。強い陽射しや雨などを気にすることなく、家族や友人たちとBBQが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

「娘が2人いるので、将来絶対に洗面所が渋滞すると思ったんです」という奥さんの見通しに備えて、ユーティリティは広めに設計。造作の家事カウンターを設けて、身支度の時間が重なってもスムーズに行き来ができるようにしています。キッチンからパントリー、フリースペースを通ってユーティリティへと抜けられる回遊動線も効率的。ご家族の住みやすさを第一に考えた工夫がなされたプランになっています。

 

 

 

 

 

 



Oさんご夫妻は家づくりを通して自分たちが望んでいたライフスタイルのかたちがはっきり見えてきたといいます。BBQのできる中庭やカーポート、子どもと一緒に入れる大きな湯船のお風呂、一緒に並んで料理をつくれるキッチン、大人数で集える広いダイニング…。家族にとって使い勝手が良くて、くつろげる家がつくりたかったんだなと改めて思いました」。新しいおうちでのびのびと遊ぶ仲良し姉妹を、優しい眼差しで追うOさんご夫妻の笑顔が、今の幸せを物語っています。

FROM ARCHITECT 設計者より

2人の娘さんの成長を見守りながら、賑やかに暮らすOさん宅は、子育てや家族の習慣への配慮がプランの核となっています。BBQを楽しんだり、庭で洗濯物を干したり、内と外の行き来を頻繁に行うことを想定していたOさんご一家。外部の視線を考えて、新居は3方向を囲むインナーコートを設けたコの字型プランとなりました。来客や家族が行き来する玄関はゆったりと広めに設計。玄関横にはBBQやキャンプ用品をたっぷり収納できる大容量のシューズクローゼットを設けることで、物の出し入れも手軽です。

 

1階に個室を設けず、子ども部屋や主寝室は2階に集約。家族の時間と、個の時間を大切にした構成です。家族が集うダイニングは、東西に長いこの土地の中でもっとも心地よい光が入る南東に配置。リビングとダイニングは適度な距離を保ち、キッチンから双方に視線が送れるようになっています。ユーティリティも広さを確保。家族が同時に身支度ができるように、幅広の洗面台とその隣には家事カウンターも造作して家族の動きをスムーズに促しています。

 

Oさん宅は、新築時より家族が1人増え、現在は3姉妹とご夫婦の5人家族。暮らしの動作を効率化しながら、趣味や暮らし、家族の時間を楽しむ住まいとなりました。




https://living-work.co.jp/contact/material/

↑資料請求はコチラ