CASE

料理を楽しむ家族時間の家 江別市・Tさま邸・夫婦30代・子ども1人

吹き抜けもあり、広々としたLDK

インターネットで見つけたのが、地元の工務店として高い実績を持つリビングワークが所有する土地でした。

 理想とするのは、リビングワークに見学させてもらった落ち着きのあるシックな佇まいではなく、北欧テイストを取り入れたナチュラルモダンな雰囲気。「こんな感じにしたいんですが…」と相談してみたところ、「できますよ」と即答され、その頼もしさにこれならお任せできると確信しました。

リビングワークの注文住宅はお客様の「好き」にあわせた雰囲気で建てることができます。


インターネットで見つけたのが、地元の工務店として高い実績を持つリビングワークが所有する土地でした。

 理想とするのは、リビングワークに見学させてもらった落ち着きのあるシックな佇まいではなく、北欧テイストを取り入れたナチュラルモダンな雰囲気。「こんな感じにしたいんですが…」と相談してみたところ、「できますよ」と即答され、その頼もしさにこれならお任せできると確信しました。

リビングワークの注文住宅はお客様の「好き」にあわせた雰囲気で建てることができます。


リビングの吹き抜けにある梁は愛猫のお散歩コース。壁に通り道を開け2階に抜けられるようにしました。


娘さんは2階の踊り場と梁を行き来する猫に話かけておしゃべり。
心が温まる日常です。


右のアールを描いた入り口は広いファミリークローゼットです。


ウォークスルークローゼットの中は北欧風の柄クロスを貼り、遊び心を持たせています。



デザイン面を担当した奥様は、自ら調べた照明器具や色使いなど細部にまでこだわり、コーディネーターとタッグを組んで、全体的にすっきりとさせつつ部分的に色や柄のクロスを取り入れ、遊び心のあるお洒落な空間を作り上げました。


広々とした玄関には、奥様が見つけてきた照明やお洒落な手洗いコーナーもあり、おしゃれな空間に仕上がりました。


造作で作ったただいま手洗いは大活躍。
今後もお家づくりには欠かせない条件になりそうです。



ご主人が料理をして、奥様とお子さんがそれを待つのがいつもの家族の風景。

家族や友人たちが集まると、ご主人はシェフに早変わりしてごちそうを振る舞います。「和洋中なんでも作りますが、特にローストビーフや中華は絶品なんですよ」と奥様。カウンターでおしゃべりしながら酒とおいしい料理で居心地が良く、お客様にもゆっくり過ごしていただけます。



ルーバーの手すりで軽やかな階段は、リビングのインテリアのようでお洒落です。


キッチン内部の床を15cm下げることで作業をしやすく、またキッチンに立って料理をお出ししたり、話がしやすい高さに。収納や動線も緻密に計算して決めました。


階段下は娘さんの遊び場。空間を有効に使って無駄なく活用しております。

 
夫婦共通のこだわりである効率良い動線も予想以上の使い勝手の良さです。
玄関で手を洗い、ウォークスルークローゼットで着替えて、洗濯物はユーティリティへ。


冷蔵庫からシンク、調理台、カウンターで盛り付けと一直線の料理動線で、家事効率がぐんとアップしました。



「設計士さんやコーディネーターさんと直接打ち合わせできるのが、本当によかったです。私たちが理想を語り、それにプロの目でアドバイスをもらうことで、さらにブラッシュアップされました。毎週のように打ち合わせできたのは、地元の工務店ならではのきめ細かな対応のおかげですね」とTさん。

 一番のこだわりはキッチンです。料理好きのご主人が長年思い描いていた理想を、どう形にするかが設計の鍵となりました。特注で完成したのは、ダイニング兼用の奥行きが75cmある広いL字カウンターを備えたコの字のオープンキッチンです。

FROM ARCHITECT 設計者より

ここ最近、家族団らんスペースはリビングではなく、ダイニングであることが主流になりつつあります。

 

こちらのお家はなんといってもそのダイニングキッチン空間が

とても個性的かつ機能的です。(料理を作って配膳し、食べたあとの洗い物、片づけの導線)

 

料理をする人も楽しく、食事をする人も楽しい空間になっております。

おなじみの帰宅後の回遊導線も意識し、シューズクローク、ただいま手洗い、ファミリークローゼット、ユーティリティ、キッチンへと

回遊していきます。

また、ペット(猫)との暮らしもより楽しくするために吹抜けに猫用ハンモックや猫窓や構造の梁をキャットウォークにしたりと工夫をしました。

 

その家族に合った注文住宅をご提供でき、暮らしが豊かになったと思える設計を心がけています。